柿の葉茶について

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> 健康茶 >>柿の葉茶
 
PR
健康茶
柿の葉茶
コーン茶
シジュウム
甜茶
杜仲茶
刀豆(ナタマメ)
ルイボス
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

柿の葉茶

 

柿の葉茶とは

 カキノキ科。柿は日本の代表的は果実ですが、原産は中国揚子江沿岸。
日本全国の山地や野原に自生し、栽培もされています。
柿の葉茶は5〜6月、または6月〜10月(ビタミンCが多く含まれる時期)の緑色の葉がお茶として使用されます。
古来から中国では、柿を漢方薬として使用していました。
 

柿の葉茶の有効成分

ビタミンC、タンニン、ケンフェロール、クエルセチン
(葉の他にも、ヘタ・実にも多くの栄養素が含まれています。)
 

柿の葉の効果

 柿の木の若葉には、多くのビタミンCが含まれています。(葉100グラムに対して1000ミリグラム。レモンの20倍です) 通常、ビタミンCは熱に弱いものですが、柿の葉に含まれているビタミンCは"プロビタミンC"といってビタミンCになる前の状態のもので、熱にも強くお茶にしても壊れません。
ビタミンCは風邪などの感染症への抵抗力増強、メラニンの生成を抑える、血管を丈夫にするため、動脈硬化予防、高血圧・心臓病・腎臓病の改善などの働きがあります。

 柿の渋味成分、柿渋タンニンには抗酸化作用・抗菌作用・収斂(しゅうれん)作用・血圧降下作用等が認められ、この柿渋タンニンは柿に葉にも含まれています。
葉に含まれるケンフェロール、クエルセチンというフラボノイドの一種も血圧上昇を抑える働きがあります。

 柿の葉には、フラボノイドがたくさん含まれており、そのなかのひとつ、アストラガリンは花粉や、ホコリ、ダニによるアレルギー性鼻炎の原因となるヒスタミンの分泌を抑制する働きがあります。 アストラガリンの一部は体内でケンフェロールというフラボノイドに変化し、肥満細胞からのサイトカインの産生を抑制し、鼻づまりを抑えることがわかってきました。また、 このケンフェロールは、最近の研究で、IgE抗体の産生も抑えることがわかってきました。
 このように柿の葉に含まれるアストラガリンは3つの作用で花粉症に効果があります。
柿の葉茶は、花粉が飛散する前に飲み始めるとより効果的です。

 

「柿の葉茶」が効果的なお悩み・症状

高血圧/花粉症/脳卒中/心臓病/肝臓病

「柿の葉茶」オススメレポート

 

PR

企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。