乳酸菌のことがわかる!乳酸菌読本!!特集

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

 
HOME >> 乳酸菌のことがわかる!乳酸菌読本 >> 万病の元!?腸内細菌のバランスを崩す原因
 
[ HOME ]
乳酸菌とは
乳酸菌は善玉菌の代表!腸内細菌について
腸内環境と病気
万病の元!?腸内細菌のバランスを崩す原因
腸内環境を整えるために
新乳酸菌素材 EC-12

万病の元!?腸内細菌のバランスを崩す原因

腸内全体の細菌の数は決まっていますので、悪玉菌が増えれば善玉菌は減っていきます。同様に善玉菌が減れば悪玉菌の勢力が増し、腸内細菌のバランスが悪い方向へ傾きます。
この腸内細菌のバランスが崩れる主な原因は

年齢(加齢)
年をとると、ビフィズス菌が減少し、反対に悪玉菌が増える傾向がみられます。
ストレス
ストレスも 善玉菌を減らし 悪玉菌を増やしてしまいます。
ストレスを受けると自律神経に影響を及ぼし、腸の蠕動運動に異常をきたし、便秘や下痢を引き起こす原因となります。
その結果善玉菌を減らし、悪玉菌が増えてしまいます。
老化とともに移り変わる腸内細菌の数

薬物・抗生物質
抗生物質は感染症などの病気治療には有効なもので、悪い病原菌を殺してくれますが、同時に腸内の有益菌までも殺してします。

食生活
たんぱく質や脂質を小腸で消化吸収される以上に過剰摂取すると悪玉菌の餌となり、悪玉菌が増える原因となります。
また、不適切な調理方法 (肉を必要以上に高温で焼いてコゲを作ったり、長期保存したものなども)ではタンパク質が変性され人間の酵素では分解できないタンパク質となり、大腸まで運ばれ悪玉菌の餌となります。
合成食品添加物は、これらの善玉菌の腸内細菌(微生物)を減らしてしまいます。
(食品添加物・農薬・欧米化の食事など)

そのほか運動不足 、喫煙、過度の飲酒も腸内細菌のバランスを崩す原因となります。

プロバイオテクス
プロバイオテクスとは人の腸内環境を整える作用を持つ生きた微生物のことです。
似たような言葉でプレバイオティクスとは腸内細菌の有用菌にとってえさ(栄養源)となるものをさします。

前へ <<

  >> 次へ
 
企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。