ED(インポテンツ・勃起障害)

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> 悩み・症状 >> ED(インポテンツ・勃起障害・不妊症)
 
PR
悩み・症状
アトピー
アレルギー
ED(インポテンツ・勃起障害)
胃炎
肩こり
花粉症
癌(ガン)
肝炎(肝障害)
肝硬変
関節痛
血栓症
高血圧
高脂血症
口内炎
更年期障害
骨粗鬆症
子宮内膜症
しみ・そばかす
神経痛
心臓病(狭心症・心筋梗塞)
女性不妊(不妊症)
頭痛
前立腺肥大
痛風
低血圧
糖尿病
動脈硬化
認知症
脳血管障害(脳卒中)
冷え性
肥満・ダイエット
便秘
味覚障害
水虫
むくみ
腰痛
リウマチ
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

ED(インポテンツ・勃起障害)

女性不妊(不妊症)

 

ED(インポテンツ・勃起障害)とは

 日本性機能学会によるEDの定義は「性交時に有効な勃起が得られないために、満足な性交ができない状態と定義し、性交のチャンスの75%以上で性交が行なえない状態」となっています。EDは性機能障害のひとつであり、性欲の減退や射精障害などはEDに含まれません。
インポテンツという言葉はドイツ語で、直訳すると「性的不能」という意味です。人として本来備わっている能力が失われていることを意味し、こうした悩みをもつ患者さんへの思いやりに欠ける言葉だということで、最近ではED(Erectile ysfunction=勃起障害)という言葉に統一しようとする傾向にあります。 現在、世界の先進国でEDに悩んでいる方は人口の1割いると報告されており、日本でも軽症を含めると900万人以上いるといわれています。年齢を重ねるごとにEDになる確率は高くなっていき、40〜50代の日本人男性の、実に5割以上がEDの悩みを抱えているといわれています。加齢(老化)は、EDの危険因子のひとつになりますが、加齢=EDということではありません。EDは大きく機能性ED、器質性ED、混合性ED、その他に分けられます。
 

EDの原因と治療

 機能性EDには、うつ病などの精神病によるものと心因性によるものがあります。心因性EDの原因は精神的なストレスで、急激なストレスのため交感神経が緊張し血管が収縮、また、海綿体平滑筋の緊張の増強により、海綿体への血液の流入が遮断されるために起こると考えられます。
器質性EDは陰茎の支配神経、血管、組織などの障害や内分泌機能障害により充分な勃起が得られない場合です。
混合型は糖尿病や高血圧、腎不全、泌尿器疾患などの疾患により、神経や血管、ホルモンが正常に機能せずに起こるものです。
その他、一部の降圧薬やうつ病治療薬などの副作用としてEDを引き起こす場合もあります。

EDは加齢とともに増える傾向にありますが、これは加齢とともに心疾患、糖尿病、高血圧、高脂血症などの基礎疾患が増えることや、これらの基礎疾患を治療するにあたって服用される降圧薬、抗うつ薬、血糖降下剤などの薬剤の使用も原因となりえます。
特に、糖尿病ではEDを合併する率が高く、30%から60%となっています。糖尿病の合併症に神経が障害されるものがありますが、陰茎に神経障害がおこるとEDとなります。また、糖尿病では陰茎動脈の閉鎖が見られ、血管障害による陰茎の血流も低下も原因と考えられます。
 

骨盤外傷、骨盤神経叢に影響を及ぼす手術(前立腺摘出手術等)も中枢神経と陰茎の神経のつながりに影響するためEDを引き起こします。
その他の要因としては、喫煙、過剰なアルコール摂取も陰茎の血管に影響を及ぼし、十分な血液が流入しないためEDの原因となります。

内分泌系障害として男性ホルモンの低下があげられますが、血中の総テストステロンの量は、60歳から徐々に低下していきますが、遊離テストステロンにおいては、20歳代をピークに徐々に減っていき、30歳から40歳、60歳から70歳で、ガクンと低下します。このテストステロンの低下に伴いEDが増加しています。また、男性ホルモンは、ストレスや敗北感にともない分泌が衰えることもります。
また、ビタミンE、亜鉛は生殖機能に重要な役割があり、不足するとEDなどの性機能障害が起こるともいわれています。

治療法は機能性EDはカウンセリングなどの心理療法、器質性EDは手術などの外科的治療が必要になる場合が多くあります。
EDの治療薬にはホルモン系(強精剤)勃起薬系(勃起剤、バイアグラなど)、漢方系(強壮剤)があり、ホルモン系、勃起薬系は即効性がある反面、使用には注意が必要です。

漢方系は直接性機能に働きかけるというよりも、内臓全般の働きを活発にする事により体全体を壮健にしその結果として精力を高めるものです。即効性がないかわりに比較的安心して使用出来ます。
漢方系の強壮剤の代表的な原料は、動物性では、「鹿茸(ろくじょう、シカの角)」「牛黄(ごおう、牛の胆嚢またはその付近に 生じた結石)」 「麝香(ジャコウネコの分泌物)」「海狗腎(オットセイやアザラシ の生殖器である陰茎、睾丸および輸精管)」、「海馬(かいま、タツノオトシゴを乾燥させたもの)」など、植物生薬としては、「人参 (ウコギ科オタネニンジンを蒸して乾燥させたもの)」、「大蒜(ニンニク)」「黄精(ユリ科ナルコユリの根茎)」「淫羊カク(イカリソウ )」があります。
 

予防や治療となる栄養素

ビタミンB、C、E、亜鉛

ED(インポテンツ・勃起障害)
拒食症、過食症などの摂食障害もED(Eating Disorder)と呼ばれます。

「ED(インポテンツ・勃起障害)」に効果的なサプリメント

タツノオトシゴ(海馬)/マカ/ウコン/カプサイシン/カキエキス

「ED(インポテンツ・勃起障害)」に効果的な健康茶

 


「ED(インポテンツ・勃起障害)」に効果的な機能性食材

ニンニク


「ED(インポテンツ・勃起障害)」関連レポート

 

PR

 

企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。