高血圧について

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> 悩み・症状 >> 高血圧
 
PR
悩み・症状
アトピー
アレルギー
ED(インポテンツ・勃起障害)
胃炎
肩こり
花粉症
癌(ガン)
肝炎(肝障害)
肝硬変
関節痛
血栓症
高血圧
高脂血症
口内炎
更年期障害
骨粗鬆症
子宮内膜症
しみ・そばかす
神経痛
心臓病(狭心症・心筋梗塞)
女性不妊(不妊症)
頭痛
前立腺肥大
痛風
低血圧
糖尿病
動脈硬化
認知症
脳血管障害(脳卒中)
冷え性
肥満・ダイエット
便秘
味覚障害
水虫
むくみ
腰痛
リウマチ
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

高血圧

 

高血圧とは

 心臓から送り出された血液が、血管内で示す圧力、別の言い方をしますと、血管の壁を押す力が「血圧」で、これが一定以上に高い状態が「高血圧」です。健康な若い人では120/80mmHg(収縮期血圧/拡張期血圧)で、正常血圧と高血圧の間には明らかな境界はありませんが
「収縮期血圧が140mmHg以上」か
「拡張期血圧が90mmHg以上」の場合を
高血圧としています。どちらか一方が上回っていても高血圧です。
※本態性(原因不明)のものと二次性高血圧(腎性など)に分けられます。

主な症状

 急激な血圧上昇によって、頭重、頭痛、めまい、肩こり、動悸、吐き気、手足のしびれ、ほてり

考えられる原因

 遺伝的な体質と、加齢、精神的ストレス、過度な飲酒やタバコなどの生活習慣が影響し血管抵抗が高くなることが考えられます。

高血圧症の治療ではどのようなことが重要なのでしょうか?

 高血圧症の患者さんで、まず注意していただきたいのは日常生活です。高血圧症の患者さんでは 肥満傾向の方や血糖が高めの方、またコレステロール、中性脂肪などの血液中の脂肪が高い方が多いのです。これら高血圧以外の異常も、やはり 動脈硬化を促進させ 脳卒中や心筋梗塞 の原因になります。ですから、血圧以外の体の状態も含めて、日常生活いわゆるライフスタイルの改善が重要です。

具体的にはどのようなことに注意したら良いのでしょうか?

 まず、肥満した高血圧症の患者さんでは カロリー制限や運動による減量が必要です。減量により実際血圧が低下します。例えば1kgの減量で血圧が1−2mmHg低下するといわれています。また、 肥満の是正は、血糖値や血液中の脂肪に対しても好影響をもたらし、 脳卒中や心筋梗塞 を予防します。
 次に、高血圧症の患者さんでは塩分制限が重要です。患者さんにもよりますが、減塩によって血圧自体が低下します。一方、果物や生野菜に多く含まれるカリウムは多少血圧を下げるといわれています。ただ、このカリウムは腎臓が悪い方は取りすぎないようにする必要があります。また、カルシウムも欠乏すると血圧が上昇するので、欠乏しないようにする必要があります。

予防や治療の助けとなる栄養素

ビタミンA/βカロチン/ビタミンE
ミネラル(カリウム、カルシウム、マグネシウム)/食物繊維
「人は血管とともに老いる」といいますが、その重要な指標となるのが血圧です。血圧のコントロールにまず大切なのは、食事、運動などの面で健康的なライフスタイルをしっかり身に付けることに尽きます。“自分が主治医だ”という意識と、正しい知識、さらに日々の実践が欠かせません。

「高血圧」に効果的なサプリメント

ルンブルクスルベルス(赤ミミズ)/紅麹/ノニ/ポリフェノール/イチョウ葉/カキエキス/
白いも(シモン)
/ローヤルゼリー/にがり・ニガリ(苦汁)/酢卵(酢玉子)

「高血圧」に効果的な健康茶

杜仲茶/柿の葉茶/シジュウム/ルイボス


「高血圧」に効果的な機能性食材

大豆・豆乳/ニンニク/発芽玄米/ゴーヤ・苦瓜/納豆


「高血圧」関連レポート

 

企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。