味覚障害について

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> 悩み・症状 >> 味覚障害
 
PR
悩み・症状
アトピー
アレルギー
ED(インポテンツ・勃起障害)
胃炎
肩こり
花粉症
癌(ガン)
肝炎(肝障害)
肝硬変
関節痛
血栓症
高血圧
高脂血症
口内炎
更年期障害
骨粗鬆症
子宮内膜症
しみ・そばかす
神経痛
心臓病(狭心症・心筋梗塞)
女性不妊(不妊症)
頭痛
前立腺肥大
痛風
低血圧
糖尿病
動脈硬化
認知症
脳血管障害(脳卒中)
冷え性
肥満・ダイエット
便秘
味覚障害
水虫
むくみ
腰痛
リウマチ
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

味覚障害

 

味覚障害とは

 味覚障害(taste disorder)とは、腔粘膜中の味覚を感じる細胞の味蕾(みらい)から神経を介し脳へ伝わる経路のどこかに異常が生じて起こる障害のことをいいます。 その障害の部位によって、味物資が味細胞に到達しないために起る味覚障害を伝導性味覚障害、味細胞に異常が生じて起る味覚障害を感覚性味覚障害、味覚を伝える神経や脳の異常によって起る味覚障害を神経性味覚障害といいます。また、精神的な原因によって起る心因性味覚障害もあります。

味覚障害の主な症状

 口が常に苦く、甘いものを辛く感じたり、何を食べてもアルミホイルを噛んでいるような味がするなど様々で、ものの本来の味が全く解らなくなる症状のことをいいます。

味覚障害の考えられる原因

 老化、口の中の炎症、口や耳の手術による神経の損傷、脳出血の他、慢性の肝臓病や糖尿病に合併して起こる、その他、薬剤性、遺伝性、全身疾患性(唾液分泌不全、高血圧、ビタミン欠乏症、消火器疾患、亜鉛欠乏症)、放射線性、中枢神経性、心因性があり、服用薬剤を原因とした薬剤性味覚障害、血清の亜鉛濃度の低下が最も多いと言われています。

味覚障害の予防や治療となる栄養素

ビタミン類、ミネラル(亜鉛)
味覚障害
▲味覚障害
味覚は化学感覚の1つで、一般に、酸味、塩味、甘味、苦味の4種類があります。
(旨味も独立した味覚とする説もあります)

「味覚障害」に効果的なサプリメント

キトサン/マカ/カキエキス

「味覚障害」に効果的な健康茶

 


「味覚障害」に効果的な機能性食材

米ぬか


「味覚障害」関連レポート

 

企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。