頭痛(慢性頭痛)について

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> 悩み・症状 >> 頭痛(慢性頭痛)
 
PR
悩み・症状
アトピー
アレルギー
ED(インポテンツ・勃起障害)
胃炎
肩こり
花粉症
癌(ガン)
肝炎(肝障害)
肝硬変
関節痛
血栓症
高血圧
高脂血症
口内炎
更年期障害
骨粗鬆症
子宮内膜症
しみ・そばかす
神経痛
心臓病(狭心症・心筋梗塞)
女性不妊(不妊症)
頭痛
前立腺肥大
痛風
低血圧
糖尿病
動脈硬化
認知症
脳血管障害(脳卒中)
冷え性
肥満・ダイエット
便秘
味覚障害
水虫
むくみ
腰痛
リウマチ
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

頭痛(慢性頭痛)

 

頭痛(慢性頭痛)とは

 「頭痛」は、頭に痛みを生じるもの全般を意味します。急性的な「頭痛」以外のものを「慢性頭痛」といいます。主だったものとして、「片頭痛」、「緊張型頭痛」、「群発頭痛」等です。

頭痛(慢性頭痛)の主な種類

・片頭痛
 頭の血管がいろいろな原因で大きく膨張し、周りの神経を刺激して痛みを伴うものです。(ズキンズキン、ガンガンなど拍動的に痛むのが特徴)頭の片方が痛んだりするため「片頭痛」と呼ばれていますが、場合によっては、頭全体が痛むこともあります。特に20代〜50代の女性に多く見られる症状で、慢性頭痛の約25%を占めています。1ヶ月〜数ヶ月に1、2回頭痛を起こすのですが、症状によっては痛みの頻度が多く、場合によっては吐き気を伴います。体を動かすと痛みが増し、音や光に敏感になり騒音のあるところや光がある場所にでると一層痛みがひどくなったりします。
・緊張型頭痛
 慢性頭痛の半分を占め、中高年層の男女によくみられる頭痛で、頭全体を締め付けられる(圧迫される)ような痛みを首筋から頭部に感じます。片頭痛のように、音や光によって症状を悪化させることがないものの、痛みが持続的に続き、短くて30分、長いものだと1週間は続きます。
・群発頭痛
 20〜30代の男性にみられる頭痛で、年に1、2回1〜2ヶ月の間に群発的に頭痛が起こります。痛みの長さは1〜2時間程度。(夜間、明け方(午前2時・午前4時ごろ)に起こる事が多いようです)
  その痛みは、「頭をかき回されるような」、「目をキリでえぐられるような」もので、 たいてい同じ場所が痛みます。頭痛と同時に痛んでいる側の鼻から鼻水が出たり、鼻が詰まったり、涙がでたり、目が充血したりする症状も表れます。

頭痛(慢性頭痛)の考えられる原因

・片頭痛
 母親が片頭痛を持っていると、その子供も片頭痛を起こしやすいと言われています。片頭痛を起こしやすい体質で、ストレスや女性ホルモンの変化、食べ物などによって頭痛が起こるといわれています。
・緊張型頭痛
 ストレスが原因とされています。そのストレスは、"精神的なストレス"・"身体的なストレス"という2つの種類に分けられます。"精神的ストレス"の場合は、精神的にストレスが溜まり、筋肉・神経が緊張して起こります。"身体的ストレス"の場合は、姿勢の異常による首や後頭部、肩の筋肉へのストレスが原因です。"身体的ストレス"による緊張型ストレスは、一定の姿勢で1日中パソコンに向かう人に多くみうけられます。(テクノストレス)この場合は、筋肉の緊張をほぐして、頭痛の予防対策をしていく必要があります。

「頭痛(慢性頭痛)」に効果的なサプリメント

ウコン/プロポリス/ナツメ(夏芽)/霊芝/キトサン/DHA/ブルーベリー

「頭痛(慢性頭痛)」に効果的な健康茶

杜仲茶


「頭痛(慢性頭痛)」に効果的な機能性食材

 


「頭痛(慢性頭痛)」関連オススメレポート

 

企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。