ブルーベリーについて

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> サプリメント >>ブルーベリー 
 
PR

サプリメント
アガリクス
明日葉(アシタバ)
イチョウ葉
ウコン
オリーブ
カキエキス
カムカム
還元水
環状重合乳酸(CPL)
菊芋(キクイモ)
ギムネマ
キャッツクロー
グルコサミン
コエンザイムQ10
コンドロイチン
サメ軟骨
酢卵(酢玉子)
タツノオトシゴ(海馬)
ナツメ(夏芽)
にがり ・ ニガリ(苦汁)
ノコギリヤシ
ノニ
バナバ
フコイダン
ブルーベリー
プロポリス
ペプチド
紅麹
ポリフェノール
ポンコランチ
マカ
免疫卵(たまご)
山伏茸(ヤマブシタケ)
ヤーコン
ヨモギ
ルンブルクスルベルス (赤ミミズ)
ローヤルゼリー
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

ブルーベリー

 

ブルーベリーとは

 ブルーベリーは、ツツジ科のスノキ属の小果樹で、その果実が濃い青紫色に熟すことからブルーベリーと呼ばれています。日本でブルーベリーが栽培され広く知られるようになったのはここ20年程度のことです。しかし、北米やヨーロッパでは古くから野生のブルーベリーが愛用され、生のまま、あるいはジャムやワイン・デザートなどにして利用されています。
 第二次大戦以降、ヨーロッパでは、多くの研究、臨床試験が重ねられ、1976年にイタリアで初めて医薬品として製造が承認されました。その後も多くの国で色素を抽出した粉末や錠剤が、医薬品として広く利用されています。
 

ブルーベリーの成分

 アントシアニン(色素、ポリフェノールの一種)、食物繊維、ビタミンC、A、鉄分、カルシウム、亜鉛などが含まれます。
 

ブルーベリーの効果

 私たちの目から脳への情報伝達に使われるロドプシンは、目から脳へ映像を伝えるたびに分解と再合成を繰り返しています。しかし、目の酷使や、老化によるロドプシンの再生能力低下により、ロドプシンの再合成が追いつかなくなって情報伝達力が落ちる為に、目の疲れや頭痛、肩こりの原因にもなります。
 ブルーベリーに豊富に含まれている青色系の色素、アントシアニンは、このロドプシンの再合成を活発にする作用があります。これにより、視力の回復、視野が広がる、暗順応(暗闇に目が慣れる)を高めるなど、目の機能を良くする効用があり、近視、老眼、涙目、乾き目、白内障、緑内障などの改善にも効果が認められています。
またブルーベリーは体内の活性酸素を抑え、ガンをはじめ生活習慣病を阻止する役割もあります。さらに食物繊維も果物の中では抜群に多いので、便秘解消効果があります。血糖降下や心臓病予防などにも効果が認められています。
 このほかルチンに似た毛細血管の保護作用や血栓をできにくくするはたらきがあり、血栓症、脳血管障害の予防などの効果が期待されます。
ブルーベリーは15種類ものアントシアニンを含んでいます。その含有量はイチゴの10倍にも相当します。しかしこの成分は、摂取後4時間後には効果があり、24時間で消失してしまいます。そのため、毎日食べ続けることが必要です。
第2次世界大戦中、あるイギリス空軍のパイロットが、ブルーベリージャムが大好物で、毎日、パンにたっぷりつけて食べていました。そのパイロットが、夜間飛行、明け方の攻撃で「薄明かりの中でも物がはっきり見えた」と証言したので、イタリア、フランスの学者がブルーベリーの研究を開始したそうです。

「ブルーベリー」が効果的なお悩み・症状

眼精疲労/脳血管障害/血栓症/老化防止/便秘/肩こり/頭痛

「ブルーベリー」オススメレポート

 

PR

バナー原稿 468×60 (110328)imp
バナー原稿 468×60_b (110609)imp
企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。