菊芋(キクイモ)について

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> サプリメント >>菊芋(キクイモ)
 
PR

サプリメント
アガリクス
明日葉(アシタバ)
イチョウ葉
ウコン
オリーブ
カキエキス
カムカム
還元水
環状重合乳酸(CPL)
菊芋(キクイモ)
ギムネマ
キャッツクロー
グルコサミン
コエンザイムQ10
コンドロイチン
サメ軟骨
酢卵(酢玉子)
タツノオトシゴ(海馬)
ナツメ(夏芽)
にがり ・ ニガリ(苦汁)
ノコギリヤシ
ノニ
バナバ
フコイダン
ブルーベリー
プロポリス
ペプチド
紅麹
ポリフェノール
ポンコランチ
マカ
免疫卵(たまご)
山伏茸(ヤマブシタケ)
ヤーコン
ヨモギ
ルンブルクスルベルス (赤ミミズ)
ローヤルゼリー
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

菊芋(キクイモ)

 

菊芋(キクイモ)とは

 菊芋(キクイモ)はキク科の植物で、学名はHelianthus tuberosusといいます。花が菊の花に似ており、地中に大きな塊の茎を作ることから、この名前がつきました。
しかし、イモとは違います。食用部は根の部分で、原産地は北アメリカ北部と言われています。
秋になると、ひまわりのような黄色い花を咲かせ、その美しさに人気が集まっています。花の咲き終わる10月末頃、外気温が17度以下になると地中に大きな塊の茎ができます。菊芋は生命力が強く、栽培が容易なことから、戦後の食糧難の時代には根を主食として食べられていました。この根の部分にはイヌリンという難消化性多糖類(食物繊維)が含まれており、糖尿病や肥満、高中性脂肪に有効だとされ、注目を浴びています。

菊芋(キクイモ)の成分とその効果

 主成分はイヌリン(難消化性多糖類)で、フルクトース(果糖)が約30個ほどつながってできたものです。難消化性多糖類は一般に食物繊維とも呼ばれ、人の消化酵素では消化できません。キクイモには数々の酵素が存在し、イヌリンはイヌラーゼという酵素によって分解され、フルクトース(果糖)になります。このフルクトースはブドウ糖ではないので、血糖値は上がりません。

 イヌリンの一部は胃の中で水分を含んでゲル状となり、腸内で腸の粘膜を包みます。この粘膜があるおかげで、α-グルコシターゼ酵素の働きを阻害し、摂取した糖質や脂肪は腸から吸収されずに排泄されます。糖質や脂肪が吸収されないので血液中の糖分や脂肪分は増えません。その結果、インスリンを分泌させる命令が出ないので、疲れた膵臓を休ませることができます。

 残りのイヌリンは腸内でビフィズス菌のエネルギー源である、フルクオリゴ糖に変わります。そのため、ビフィズス菌が増殖、活性化され、その結果、腸が浄化されて腸の働きがよくなり、便秘や肥満が解消され、肌もきれいになります。腸の働きがよくなってから栄養素が吸収されます。キクイモに豊富に含まれる糖代謝に必要なビタミンB1やコレステロール・中性脂肪を低下させるナイアシン等により、血液がきれいになり、血液中の中性脂肪、コレステロールなども適度な値になります。同時に膵臓、肝臓、脾臓なども血液の循環がよくなります。各臓器の治癒力も高まると考えられています。
 

実は身近な植物?−菊芋(キクイモ)−

 キクイモはアメリカインディアンが食べていた食品で、17世紀頃に食料用、飼料用、果糖やアルコールの原料としてヨーロッパに、江戸末期には日本に、アメリカより導入されました。導入された当初は日本人の嗜好に合わないので、食料用としてはあまり広まらなかったようです。戦後の食糧難の時代、生命力や繁殖力も強いことからイモと一緒に栽培され、食べられていましたが、食べ物に困らなくなると、キクイモは伝統野菜として大切にしている地域以外は、食べられなくなりました。
 菊芋は道端や空き地、荒地、土手などで群生していることがよくあります。菊芋は子孫を種子と地下茎で増やしていくので、根を絶やす事が難しいです。畑の害草と見られることもあります。
 しかし、飽食の時代となった今、皮肉にもこの菊芋が成分とその驚くべき効果から注目されてきています。
 もしかしたら、あなたの住んでいる近くにかわいい花がさいているかもしれませんね。

菊芋(キクイモ)の安全性

 キクイモは病気や害虫に強く、農薬がなくても十分育ちます。いろいろな研究結果でも、キクイモには毒性がないことが証明されているようです。
菊芋(キクイモ)
▲菊芋(キクイモ)
 伝統料理として食されている岐阜県の山間部辺りでは、主に漬物に加工して食べられています。
 菊芋はあくが強く、生では食べられません。20日間ほど水にさらしてあく抜きをする必要があります。味噌漬け、粕漬けにするとサクサクと歯切れのよい、大変美味しい漬物に変身します。
 その他、醤油とみりんで甘辛く煮含めたり、味噌煮にしたり天ぷらにする食べ方もあります。

「菊芋(キクイモ)」が効果的なお悩み・症状

糖尿病

「菊芋(キクイモ)」オススメレポート

 

PR

   
企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。