コンドロイチン硫酸(サメ軟骨)について

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> サプリメント >>コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)
 
PR

サプリメント
アガリクス
明日葉(アシタバ)
イチョウ葉
ウコン
オリーブ
カキエキス
カムカム
還元水
環状重合乳酸(CPL)
菊芋(キクイモ)
ギムネマ
キャッツクロー
グルコサミン
コエンザイムQ10
コンドロイチン
サメ軟骨
酢卵(酢玉子)
タツノオトシゴ(海馬)
ナツメ(夏芽)
にがり ・ ニガリ(苦汁)
ノコギリヤシ
ノニ
バナバ
フコイダン
ブルーベリー
プロポリス
ペプチド
紅麹
ポリフェノール
ポンコランチ
マカ
免疫卵(たまご)
山伏茸(ヤマブシタケ)
ヤーコン
ヨモギ
ルンブルクスルベルス (赤ミミズ)
ローヤルゼリー
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)

 

コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)とは

サメ軟骨に多く含まれる物質で、ムコ多糖類の一種です。
このコンドロイチンは、人の身体のあらゆる部分に存在します。関節部分の軟骨や肌の真皮などです。
 

コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)の役割・効果

「コンドロイチン」は、軟骨の27%〜43%を占める重要な成分で、軟骨の保水力を高めて関節を柔軟に保つ役割があるほか、肌の真皮部分のコラーゲンの隙間に埋まる形で保水し、お肌の潤いを保つ役割もあります。
また、数種類のタンパク質と結びついて血管新生を抑える作用があります。これは、関節痛に有効に働きます。 "血管新生依存性疾患"(慢性関節症リウマチや変型性関節症など)は、発病から進行する時は血管新生を起こします。したがって、血管新生を押さえることが出来れば関節痛を抑えることが出来るということです。
この他に、 血管新生を抑える作用は、血管新生の盛んな固形ガンの増殖・転移を抑えること、その他の血管新生がかかわる各種症状(糖尿病性網膜症、血管新生緑内障など)を抑えることが出来るものとして、期待が掛けられています。
※血管新生について
「血管新生」とは、もともとある血管から新しい血管が形成される事。
 
 
 

「コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)」が効果的なお悩み・症状

関節痛/リウマチ/癌(ガン)/シミ・そばかす/その他血管新生依存性疾患/老化防止/肌の潤い/しわ・たるみ

「コンドロイチン(コンドロイチン硫酸)」オススメレポート

 

PR

企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。