酢卵(酢玉子)について

ピコリサは健康食品・サプリメント情報・健康関連グッズ・その他健康に関する情報総合サイトです。

私の健康法サイトマップ会社概要プライバシーポリシーメールマガジンお問合せ
  健康−お悩み・症状   健康−サプリメント   健康−健康茶   健康−機能性食材   モニター   健康−健康特集   健康−ピックアップ  
HOME >> サプリメント >>酢卵(酢玉子)
 
PR

サプリメント
アガリクス
明日葉(アシタバ)
イチョウ葉
ウコン
オリーブ
カキエキス
カムカム
還元水
環状重合乳酸(CPL)
菊芋(キクイモ)
ギムネマ
キャッツクロー
グルコサミン
コエンザイムQ10
コンドロイチン
サメ軟骨
酢卵(酢玉子)
タツノオトシゴ(海馬)
ナツメ(夏芽)
にがり ・ ニガリ(苦汁)
ノコギリヤシ
ノニ
バナバ
フコイダン
ブルーベリー
プロポリス
ペプチド
紅麹
ポリフェノール
ポンコランチ
マカ
免疫卵(たまご)
山伏茸(ヤマブシタケ)
ヤーコン
ヨモギ
ルンブルクスルベルス (赤ミミズ)
ローヤルゼリー
Topics
「風邪・インフルエンザに負けない」特集!!
 

酢卵(酢玉子)

 

酢卵(酢玉子)とは

 酢の中に鶏卵を殻ごと入れ、常温で放置すると3日〜1週間程度で殻が溶けます。溶けない膜を取り除き黄身と白身を混ぜたものが酢卵(酢玉子)です。
酸味と苦味があってそのままでは飲みにくいので、水やその他の飲み物で薄めるか、ハチミツやオリゴ糖を入れると飲みやすくなります。また、一般の酢と同様にいろいろな料理に使うこともできます。酢は穀物酢、果実酢、いろいろなものが使われます。
 酢卵(酢玉子)は民間療法として古くからあり、奄美地方の伝統的食品です。
 

酢卵(酢玉子)の成分と効能

 酢玉子は酢と卵を組み合わせただけのものですが、卵や酢のそれぞれの効能とともに、この組み合わせによる、よりよい効能もあると言われています。

 卵はそれ自体が生命の源であり、ビタミンCや食物繊維以外のほとんどの栄養素をバランス良く含む、完全食品と言われています。酢は胃腸の働きを助け食べ物の消化吸収をよくし、疲労回復の効果もあります。
 酢卵(酢玉子)は古くから滋養強壮の民間薬として健康維持、病気の回復などに利用されてきました。酢は疲労物質として知られている乳酸を分解する働きがあるので、疲労回復、肩こりや腰痛の予防になります。
 酢は酸性ですが、体をアルカリ性に保つ働きがあります。血管壁に珪酸が沈着すると動脈硬化の原因になりますが、血液がアルカリ性の場合、珪酸は蓄積されません。あわせて酢には体内のコレステロールを減少させる働きもあるので、動脈硬化の予防に効果的です。
 酢卵の大きな特徴のひとつは、炭酸カルシウムを多く含む卵の殻が酢に溶けていることです。酢に溶けると酢酸カルシウムになり、カルシウムがとても吸収しやすい形になります。量も豊富に含まれているので(牛乳の5倍以上)、骨粗鬆症、高血圧に効果があります。また、酢にもカルシウムの吸収を助ける働きと、血圧を下げる効果があります。酢はナトリウム排斥を促進し、酢の主成分である酢酸が血圧調節機構に直接働き掛けて血圧上昇を抑える効果があります。
 その他、酢卵に含まれる亜鉛は他の食品に比べて非常に吸収がよいと言われています。亜鉛にはインスリンの作用を助ける働きや、肌や髪を健康に保つ働きがあります。酢卵を摂取して、白髪が黒くなったという報告もあるようです。

ギリシャ時代の医学者、医学の父と呼ばれているヒポクラテスは多くの病人に治療を 施し、回復期の病人に酢卵(酢玉子)を飲ませていたという記録が残っています。
 

「酢卵(酢玉子)」が効果的なお悩み・症状

動脈硬化/高血圧/高脂血症/骨粗鬆症/疲労回復/肩こり/腰痛/滋養強壮

「酢卵(酢玉子)」オススメレポート

 

PR

企画・制作・運営 インターネットコンサルティング アールコンサルティング株式会社
Copyright  www.r-consul.co.jp/ 2006 Allright Reserved.
当サイト内に掲載されたすべての内容について、無断転載、複製、複写、盗用を禁じます。